読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眩しさの中に君がいた

ついに終わってしまった。いや、始まったのか。

10日、お昼のバイトをちゃっちゃと終わらせて中野に向かった。第一部はスルーしてしまったんだけど本当に楽しかったみたいで。行きたかった。一部終わりの方々の楽しそうな顔が印象的。二部開場まで中野に参戦していたパフュクラスタさんたちとお話。一部の話を聞いたり、関西や名古屋から遠征に来ていた方も多くてドームぶりに挨拶をしてお話しさせてもらったり。楽しかったです。

今回席は2階9列目だったのだが段差が思いのほかあって見やすかった。もちろんメンバーの表情は肉眼では確認できなかったけれど。

何から書いていいかまだ頭の中で整理できていないのだけど、感じたことを忘れたくないのでつらつら書き連ねることにする。
まず、6人のももクロちゃんのライブが見れたということが純粋に嬉しかった。地震や何やらでイベントがことごとく中止になってしまったからね。最初から泣いたりはしていたけれど相変わらずのきらっきらな笑顔で歌って踊っている姿を見れて嬉しかったしとても楽しかった。6人最後のライブだってことを忘れちゃうくらい。セトリもフルボリュームでずっと聞きたかった気分はSuper girlをやってくれてアガリ腐った。


あかりんは、ライブ前半泣き顔よりも割と笑っていることの方が多かったんではないかなあ。歌の最中もあのクールビューティーで。あれ、もしかして私このまま泣かずに笑顔であかりんを送り出せるんじゃないか…?なんてよぎったりもした。
途中でセレモニー的なものがあって、メンバーひとりひとりがあかりんにことばをかけてそのあとにあかりんが一人ずつにことばを返していた。みんなそれぞれあかりんへの思いを伝えていたんだけど、やはり印象に残っているのが夏菜子。
あかりんが脱退を発表した日車の中で夏菜子とあかりんは一対一で言いたいことを言い合った。夏菜子の一言目は「ふざけんじゃねえよ!!」だった。そしてあかりんは何度も「ごめんなさい」と謝った。夏菜子とあかりんはいつの間にかお互いに思ってることがわかってて、夏菜子はあかりんがももクロを辞めたいんじゃないかと気づいててあかりんにメールを作ったんだけど送信できなかった。送信しちゃったらそれが現実になってしまうと思ったからだと。
この話は以前も語られていたいた話だったけど、「ももクロを辞めても親友でいてくれる?」とのあかりんの問いに夏菜子は笑顔で「あったりまえじゃん!」と答えてくれましたという話があかりんから話された時、もう涙腺崩壊。ふたりの友情の堅さ、絆の強さがすごく感じられた。散々思いをぶつけ合って、最後は笑顔であかりんの背中を押してあげた夏菜子。あかりんも色々な葛藤の中で出した答え。勝手なことをしたってわかってるだろうけどメンバーにも自分にも嘘をつきたくないって。夏菜子も、ももクロのリーダーとしてふざけんな!という気持ちと、一友人としてあかりんの決めた道を応援してあげたいという気持ちの葛藤があったんじゃなかろうかと。この二人の間に相当強い絆がなければ、ももクロを辞めても親友でいてくれる?という質問は出ないと思うの。あかりんと夏菜子はこれをきっかけにもっと友情が深まったんではないかな。そう思うよ。一緒にいなくても、通じあえるものがあるのは確かだし、お互いの胸の内はわかってる。形なんて関係ない。
このセレモニーすごく長かったんだけど、こうなっちゃうのはしょうがないよ。みんなのあかりんに対する愛、あかりんのみんなに対する愛が伝わってきてこれはこれでよかったと思ってる。やっぱこの6人すごいよ。

あかりんへ贈る歌がサプライズで披露された。怪盗のサビのメロディを使って「笑顔と歌声であかりを照らし出せ」というところ、再び涙腺崩壊。みんな泣いてた。メンバーも。お客さんも。
そして6人で歌う最後の怪盗少女。アカリ!って叫べるのも狙いうっちするあかりんが見れるのも最後かと思うとどうしようもなく泣けてきて。あかりんが脱退したらここどーすんのよ!誰が狙いうっちするんだよもう!

ライブ前半は普通のももクロのライブ見たいに楽しかった。でも後半は終わりが近付いているからか涙が止まらなくて。最後は笑って終わろうと決めていたのに。

アンコールを歌い終わってメンバーひとりずつあかりんの元に駆け寄ってマイクは使わずに言葉を交わして抱き合ってステージを去って行った。あかりん以外の5人がステージを去りひとりになったあかりんは「しーっ」っと会場を静かにさせて、マイクを切って肉声で「今まで本当にありがとうございましたー!!」と叫んでステージ下へ降りて行った。
しーっって静かにさせたとき、やっぱり脱退しませーん!なんていうのだったらいいのになんて思ってる自分がいて。そんなことありえないのにね。セレモニーも見てあかりんがもう脱退してしまうのは決まったことだしわかってるんだけど全然実感が湧かないの。5人のももクロちゃんが私にはまだ想像できなかった。また週末になれば6人のももクロに会えるんじゃないかって。
あかりんの感謝の叫びを聞いたときはこちらも泣きじゃくって声にならないような声だったけど精いっぱいあかりんに感謝の気持ちを叫んだ。青いサイリウムでいっぱいになったあの景色、一生忘れられないものになったんじゃないかな。

立派でした、あかりんもかなこもしおりんもあーりんもももかもれにちゃんも。本当に立派でした。

感動ムードの中いきなりももいろクローバーはこれからももいろクローバーZとして生まれ変わります!と急にアナウンスされてどよめく場内(笑)Zてなんですのん…
こういうのもももクロらしいのかな(笑)メンバーもしらされていなかったようでびっくり!

と、二部だけだが本当に参加できてよかったと思えるライブだった。あかりん×夏菜子をピックアップして書いたけれど6人の絆、深いところにある強さが感じられた。ももクロのあかりんはもういなくなってしまったわけだけど、これからは早見あかりとして彼女は頑張っていくんだ。ももクロ早見あかり、お互いに切磋琢磨していけるような関係で夢に向かっていつでも全力少女でいてほしいなと思いました。紅白での夢叶えてくれももクロ早見あかり

水曜と金曜日試練の七番勝負に行ってきます。5人体制となったももクロちゃんを見たときにやっとあかりんが脱退したことを実感させられるんだろうなあ。

セットリスト

第1部「ももクロ☆オールスターズ2011」
01. ピンキージョーンズ
02. キミとセカイ
03. Believe
04. ミライボウル
05. 全力少女
06. ありがとうのプレゼント / 有安杏果
07. …愛ですか? / 玉井詩織
08. 恋は暴れ鬼太鼓 / 高城れに
09. 太陽とえくぼ / 百田夏菜子
10. fall into me / 早見あかり
11. だって あーりんなんだもーん☆ / 佐々木彩夏
12. 恋のダイヤル6700 / マス寿司三人前(有安・玉井・高城)
13. デコまゆ 炎の最終決戦 / デコまゆ(百田&早見)
14. チャイム! / 私立恵比寿中学
15. ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜 / 私立恵比寿中学
16. Chai Maxx
17. 行くぜっ!怪盗少女
18. オレンジノート
<アンコール>
19. 未来へススメ!
20. 走れ!
21. ツヨクツヨク


第2部「早見あかりFINAL そして…」
オープニング:ももいろクローバー参上!!
01. ももいろパンチ
02. 全力少女
03. ココ☆ナツ
04. words of the mind 〜brandnew journey〜
05. きみゆき
06. ピンキージョーンズ
07. ミライボウル
08. Believe
09. 気分はSuper Girl
10. 走れ!
11. キミとセカイ
12. Chai Maxx
13. 未来へススメ!
14. オレンジノート
15. あかりんへ贈る歌
16. 行くぜっ!怪盗少女
<アンコール>
17. ツヨクツヨク
18. あの空へ向かって

あかりんありがとう。大好き。あかり照らせどこまでも!