読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松岡のなつに会いに行ったの巻

idol diary HKT48

4/11 HKT48 指原莉乃座長公演

ついに、松岡のなつに会いに行ってしまった。動くなつがどうしても見たかったし、なつの明治座に関する投稿を見ているとどうしてもそれを見届けたかった。「見てみたいなー」から「見たい、行こう」にステップをひとつ上げてくれる人はなかなかいない。

f:id:a_yaa:20150419115903j:plain
風向きの関係で逆向いてる。(スッ…っとツイートをキメ、なつののぼりの前で「なつ、おれだー!!!」と心の中で叫ぶ。ここまでも大切な流れです。明治座のペンライト、なつのうちわ、パンフレットを購入。ペンライトはもう今後一切使わないであろうが、うちわとセットで「お揃いにしようね」という一言で買ってしまったのでオタクちょろい。物販スタッフのお姉さんに「えと、松岡菜摘ちゃんのうちわと…」と緊張しながら言うと「11番ですね」と番号で返され「え、あ、はいそうです…」とわざわざ名前を出して頼んだことに恥ずかしさを覚える。

開場から開演まで1時間あるが、やることが結構あっていい感じに時間が潰れる。
f:id:a_yaa:20150419111745j:plain
なつだけこっちみてる。
f:id:a_yaa:20150419111854j:plain
自分の名前間違えてるめるw
f:id:a_yaa:20150419120005j:plain
入場時にもらった手ぬぐいに2箇所スタンプを押せる。日付となつのところに押しました。

そんなこんなで開演です。ステージに各メンバーののぼりが立っていて、着席してぱっと顔を上げるとなつののぼりがゼロズレだったので運命を感じました。
1部は舞台。まだ公演が残っているので詳しいことは書かないでおきますが、HKTっぽくて面白い台本でした。その中でひとりひとりのキャラも立っていた気がするし。なつ以外で目が行ったのはもりぽ、らぶさんが多かったかな。めるがすごいアイドルだってことは、踊りながら花道を通って帰っていくワンシーンだけでわかった。動き出すとすごい輝きを放ち出すタイプだ。和服のなつもレッスン着のなつもかわいかったけど、カッパの時が一番かわいかったのは秘密。

2部はライブ。会場の都合で、とのことで中盤までは座りでした。後半立ちになっても傾斜があるおかげで意外と見えた。そしてミーハーに優しいセトリでありがたかった。1部では髪をあげていたのでそのまま出てくるのかと思ったけど、髪を下ろして出てきてくれたなつ好き好き好き好き好き好き。黒髪が揺れるたびに私の心も揺れる。はぁ。制服が邪魔をするでセーラー服のなつの色気がとんでもなかった。セーラー服の上に薄い着物みたいのを羽織っていて、脱ぎそうで脱がないので「い、いつ脱ぐの!脱がないの!どっちなの!!」とハラハラさせる。目線の落とし方から、髪のかきあげ方から、エロい。頬に手を当てるだけでもエロい。これはいいエロさです。なつに人生狂わされたい人生だったなぁ。。
フラゲでは私の目を見ながら「君のハートすべて僕のもの」と歌ったんですよ、好きです。(過盛) にしても、ゼロズレのときに双眼鏡キメるとほんとに目が合ってる気になるのよ。こわいこわい。
ロックだよでノリノリのもりぽに「なにやってんのw」的な一見冷ややかなツッコミからの次の瞬間一緒にノリノリでエアギターキメるなつまど好きすぎました。ライブではこういうのが見たいんや。
恋チュンは舞台出演者ほぼ全員で踊っていた。こういう曲があると舞台でも強いね。これまたなつがゼロズレポジにいたのでずっと表情を見ていたのだけど、この1曲の中で表情の幅が広すぎてびっくりした。1番のAメロはちょっと悲しげだったり切なそうな感じで、そこからサビに向かってだんだん笑顔の割合が増えてくのね。メンバーと遊ぶポイントもあって、素晴らしかった。なつのすごいところは色々な幅が広いところだ。色気があるのに小学生みたいな声してたり(褒めてる)、凛とした表情からのくしゃっと笑う笑顔は最高。
衣装もお金かかっている感があって、大手はいいなぁ。。としみじみ。かわいい女の子はかわいい衣装を着るべきなのですよ。おなかが見えている衣装のときにへそ見たろ!と思って双眼鏡でガン見したのにへそ隠れてて見えず、こうなったら脇腹のほくろを見て帰ろうと思ったのに止まってくれずにほくろに焦点が合わずに見えずじまいでした、あゝ無念。
なつが近くにいるときはなつばっかり見てしまった感があるので、次HKTを見る機会があればもうちょっと視野を広げて見たいところです。こんな楽しみを見せてくれたのだから、たしかに人生捨てたものじゃないのかもしれませんね。漏れ、未来(さき)に行くわ。みんな今までありがとな。