読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづき

にちようび編です。



朝からタリーズできうたんがお手紙を書いているのを横目に、やっぱタリーズだったらロイヤルミルクティー最強だな、などと思いながらのんびりしていた。




昨日とは逆でなつさんは2部出演。
セトリとメンバー構成は同じ。
なんと、2部実質1巡。やったー!
きうさんその節は本当にありがとうございました。
今度はももまゆちゃんが出る方で1巡当てるよおれが!
下手の真ん中よりに着席。
やはり最前は近いですね。
遮るものがないって最高。




なにがいちばんよかったかって、let's feelですよ。
会いたい君に会えるってそれなんだよねー!!
勘違いでも、たまたまでも、あの子に向けてだったのかもしれないけど、ここ最近でいちばん嬉しかったよ。
嘘でも、こいついつも楽しそうにしてんなーそれ見てんの結構楽しいなとか思ってくれてたら最高に嬉しいね。



アンコールのすいとぉも最高でした。
キラキラの粒子浴びまくってしあわせ。
もともと大好きな曲を目の前が誰もいない状態で見れてもう楽しくて幸せで誰よりもにたにたしながら見てたと思う。
やっぱり天野なつさん圧倒的だ。




あとね、爆笑したのが彩乃ちゃんね。
なにあのレスw
きもちでさ、0.5ズレとかだったんだよね。
前そこそこに行ってたし、指差しくれるかなーなどと淡い期待を抱いていたわけですよ、ほんの少し。
そんなわたしの期待をよそに、しゃきーんとわたしの目の前を斜めに指差しが通過し、隣のきうさんにばしーんと来たのでした。
あれは笑った。
この面白さ伝わらないの悔しい…
これが愛されかと。(後述)
山木さんはぺんちゃんに爆レス祭りでした。\わっしょい/
わたしの方などちらっとも見なかったことなんて悲しくなんてないし…(震え声




物販も日曜は土曜より人多かったけどいい感じで回れた!
なつ6ももまゆ2くるみ1あやの1あーみん1で。
前回は自分のひとつ前でぶったぎられるという事態が発生し、
泣きながら空港へ向かいましたが、
今回は混んでいるステージ物販もうまいことまわして
最後なつさんぎりぎりに間に合って鍵閉めキメてしまうという事態に。
そういえば土曜の2部もでした…




1部始まる前になつさんが手売りしてて、LinQuality買った。
もう最近どれ買ってどれ買ってないのかわかんないな。
片方編み込んでて、みたいな感じですごく可愛かったので、
「髪可愛いですね」と言ったら「好き?好き?」と悪い顔でニヤつきながら聞いてきたので
「はい、はい」と言っておいた。
大好き!と答えられるくらいの強い心とコミュ力希望。




いつかは忘れたけど、きうたんと連番した後に、
な「あやちゃんブログ書いとると!」
あ「!?!?? 書いてません!!!」
な「教えて」
あ「書いてません!」
な「何書いとると!あ、あれやろ、この子は体のここが好きでーとかそんなんやろw」
あ「なにそれこわいw」
な「教えて!」
あ「だから書いてな」
な「きうたんに聞くー」
あ「聞かなくていいw」
な「探す!」絶対に探してない


これは自分で振り返ってにやにやする用だからいいんですよ…
推しにブログとか見られたくないからアメーバでは絶対にやらない。
そして握手レポと言わないなつさんかわいい。
わたしどんだけ体のパーツ好きだと思われてんだよ。



そんなような話してて、ももまゆちゃんのほくろがね、なんて言ってたら、そのときステージ物販だった人たち(ももまゆあーみんちあきゆうみもえぴ)の好きなとこ端から一つずつ言ってみろ的なことを言われ、
な「はい、もも」
あ「首のほくろ、あとこめかみのほくろ」
な「あーみん」
あ「もちもちの白いお肌」
な「ちあき」
あ「ほっぺた」
な「ゆうみ」
あ「左ほっぺのほくろ」
な「ほくろ好きすぎやろ。はい、もえ」
あ「もうね、もえちゃんレベルだと全部好きですよ」


あ「あー!!!…間違えた。このオチは天野なつさんに使う用だった…」
な「なにやっとん。こういうとこよ」
あ「一から出直して来ます( p_q)」


あ「なつさんほくろすくないよねー」
な「そうなんよ。 あ、ここにある、ひじ。」
あ「いいねぇ!!見えそうで見えないのが!」
な「はぁ?もう怖いから隠しとく」
あ「えー( ;∀;)」




な「遠征の人はさ、やっぱ寂しいと?帰りとか」
あ「そりゃ寂しいですよ!!」
な「泣く?泣く?」
あ「泣き…はしないけどwいやでも、ほんと寂しいよ、今の時点でもう帰りたくなさすぎて」
な「でも大丈夫、天野さんすぐ会える(笑)」
あ「ははは(笑) 東京来てくれるのはすごい嬉しいんだけどさ、でも大変でしょう?いろいろ」
な「うーん、大変っていうか、福岡のファンの人はやっぱ寂しいって言うね」
あ「そりゃそうだ。わたしが福岡のファンだったらそう思うもん。東京このやろーって。」
な「難しいね」
あ「そうですね…」
な「この間ね、飛行機で後ろになっちゃん推しの女の子座ってたよって言われたんだけど、あやちゃんやろ?」
あ「んん??いついつ?」
な「いつだっけ、忘れた」
あ「うーん、そうなのかなぁ」



2部の時、なつさんだけ異様に列が長くて、
やっとわたしの番になったーと思ったら
もう他のメンバーは撤収してるし、
BGMも止まってスタッフさんはお掃除の準備してるしで、
シーンとした中話したの笑った。


あ「もえちゃん大丈夫ですかねぇ?」
な「ねー、わたしもびっくりした!隣見たらさ。とりあえず背中に隠そうと思ったけど無理やった」
あ「あさみさんが飛んできてよかったですね…」
な「なんかすれ違っちゃったみたい」
あ「あ、そうなの。でもこうなっちゃうのはよくないですよ、わたしもなつさん泣かせないように気をつけますね…」
な「はぁ?あやちゃんに泣かされたら終わりやろw」
あ「逆に泣かされそう…」
な「泣かすー!」
あ「ひどい!」


あ「今回もほんと楽しかったよーありがとうね。あのさぁ、あんまりこういうこといつも言えませんけど、、」
な「?」
あ「何気にすきです!!」
な「何気にってww」
机片しにきたスタッフさん「何気にってw」
あ「スタッフさんにも笑われた><」


そいじゃまたねなつさん、と思いながらステージから降りようとしたときに
あやちゃん、じゃあねーとステージ上から声掛けてくれた(記憶違いでなければ)の
嬉しかったです。




あーみん
あ「最前座っちゃってー!」
私「近くて緊張したー、、」
あ「今日はね、ゆりなちゃんの代わりだからツンデレキャラでいく!」
私「お、おうおう」
あ「もうね、最前であやちゃん近くていっぱい目が合ったからって嬉しくなんかないし、また今日も物販来てくれてやったーとか思ってなんてないから」
私「チャイムであーみん前に来てくれてわたしはわりと嬉しかった…」
あ「この2日間で仲良くなれてなんか嬉しいとかも思ってないから」
私「…」
あ「でもね、色々楽しかったぁーありがとう」
私「最後にデレきたあああああ、やばいね、ツンデレやばいね、好きだわ」
あ「今日だけだよこれ!」
私「ぜひ今後も続けていただきたい」
あ「続けていただきたいw」
私「いや、でもほんと楽しかった、あーみん。ほんとに。」
あ「今日も来てくれて嬉しかった、ほんと」
私「あーみんえくぼかわいいよね」
あ「え!やだ!えくぼきらい!整形手術できるならえくぼなくしたい…」
私「えー…そんなレベル?!かわいいのに…」
あ「かわいくないかわいくない…」




だごすき(笑)
なんだかんだくるみさんには福岡行ったときはちゃんと行ってるんだよなぁ。
昨日の晩ご飯の話とか。きりちゃんとね、みたいな。
そんでバスツアーの話になって。
く「バスツアーいくと?」
あ「申し込んでない…」
く「なんでぇ!めっちゃ楽しいのに!」
あ「いやーなんかみんなと一日一緒かと思うと心の準備が、と毎回思って応募できない。」
く「なんそれ!」
あ「でもいいなー遊園地でアイス食べたいな〜」
く「アイスやないやろ遊園地はw」
あ「え?w アイス食べるでしょ!はいっ、これきみの分、みたいな。」
く「遊園地やとあれやろ、あれ、なんやったっけ」
あ「チュロス!」
く「んん?チュロスやったっけ?チュリトスやろ?」
あ「チュロスだよー!!」
く「チュリトスやろ!ねぇりかこ!」
そして突然のがんばりかこ
り「えー?でも…」
り・あ「チュリトス、ではない!!」
あ「がんばりかこわかってるわ」
く「チュリトスやって!チュリトスやったらどうする?」
あ「チュリトスだったらくるみさん物販10ループするわ(笑)」
く「言ったな!!覚えとくから!これ終わったら速攻しらべるから!」
あ「わたしも調べるわw」
どうやらチュリトスでもOKだったらしくくるみさん物販10ループつらお(^_^)
くるみさん物販自体はしょーもない話しかしてなくて楽しいんだけどねw




彩乃ちゃん。
こ、これが愛されか()

彩「おぉー!久しぶりやねぇ!髪伸びたねぇ!」
私「そうねぇ!」
彩「ねぇーぺんちゃんさ、あやのと話すとき緊張してる」
私「そうなの?」
彩「そうー」
私「でもぺんちゃんコミュ力あるじゃん、わたしは酷いけど笑」
彩「いや!緊張してる!」
私「あやのちゃんがかわいいからでは?笑」
彩「チッ」
私「舌打ちw」
彩「この間ぺんちゃんにも怒られたー!」
私「そりゃあねw」
彩「ねぇ、ぺんちゃん誰推しなん?」
私「えっ、、えーっ!!!本人に聞いてみなよww」
彩「でもね、あやのね、ぺんちゃんが誰推しでもいいとー、あやのはぺんちゃん推しだから」
私「お、おう…それぺんちゃんに言ってあげなよ」
彩「やだーやだーはずかしいもん!」
私「どっちやねんw」
彩「そんなこと言えないよ!」
私「ははは、じゃあそれとなく言っとく、人づてもいいもんでしょ」
彩「やーめーてー!言わなくていいー!」
私「わかったわかったw」
彩「ぺんちゃんと仲いいよね?」
私「うんー、まぁ普通より上くらいかな笑」
彩「それなにw(やたらウケた」
私「そんなおもしろかった?」
彩「あやのね、ぺんちゃんみたいな友達ほしいっちゃん」
私「おう」
彩「ぺんちゃんめっちゃ話しやすい」
私「おうおう」
彩「なんかねー、話しに来て、それからちゃんとまた話しに来てくれるの嬉しい!急にさ、来てさ、あやのんすき!とか言われてもさ、彩乃の何知ってるの?とか思うやん?w」
私「まぁねぇw」
彩「ペンちゃんはね、そういうとこわかってくれとる感じするけん!」
私「ほほう…ペンちゃん喜ぶよwもうすぐ来るだろうから言ってやってよw」
彩「いわないw」
私「ツンデレだなw」



あー楽しかったな。
福岡で見るLinQがいちばん楽しい。

written by iHatenaSync