読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なのは出会った時のきもち…?

2013年も終わりということで、簡単に振り返りでもしましょう。
結局今年も、LinQを中心にいろんなアイドルさんを見ていた1年でした。
LinQとして考えてみれば、メジャデビューが決まり、推しの天野なつさんもリーダーになり、環境が多少なりとも変わって、去年と比べると東京で見る機会は格段に増えた気がします。
でもやっぱり福岡で見るLinQが一番なのです。
したがって、今年は7回ほど福岡にLinQを見に行きました。
しかもその中の一回は天野なつさんは札幌におりました。
推しがいなくとも、生誕を見たいなと思えるメンバーがいること、そしてそれも素晴らしい公演だったこと、これもLinQの凄さだと感じています。
生誕くらい全員で参加させてあげてほしいと思うところはありますけどね。




話はすこしずれますが、エビ中が私たちの予想をはるかに上回るスピードで大きくなって行く中でも、ブレずに一途に追いかけ続けられる友人達はすごいなと思います。
一番好きな子誰?って聞かれたら即答はできるレベルだけど、本当の意味での○○ちゃんしかはできません。
なんでだろ、ザキミヤが辞めてかなり堪えたことによる予防線なのか、それとも福岡をホームにしているアイドルを今好きだからなのか。
後者はかなり影響はあるでしょうね。
出来るのであれば、全てを実体験として残しておきたいタイプなので、在宅ではなくライブは現場で見たい派なのもあって、参加しないイベントはかなり当時者感が全然ないからあまり興味がないというか。
いつも年末にやってる感謝祭も、いいイベントだとは思うけどそんなに興味は湧かなくて、どういうシステムなのかわからなかったりする。
後はアイドルさんとの距離だって、たまーにしか見に行けない訳なんですから、現地のオタクに敵うわけないですしね。(勝ち負けとは



そんな中で、いいものは自分の目で見て実体験として残したいから、イイキョクが聴ける現場には足を運びます。
イイキョク、イイキョク、ってうるせえよと、だったらそのイイキョクがいっぱい聴ける現場に絞ればいいじゃないかよと、そう思うのも一理ある。
だけど、LinQだってそのイイキョクがいっぱい聴ける現場なんだよ。
だから好きになったんですよ。
新公演曲を聴いて、まだイイキョクを生み出せる環境にはあるんだとわかってとても嬉しかったし。
LinQさんお願いだからリリースする楽曲の方向性についてもう一度考え直してほしい…!
わけわからんまままだ進むのであれば、音源化されてない曲たちを次のアルバムに全て入れてください。
そうすればある種の悔いはないので。
本当にお願いします。


written by iHatenaSync