読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松岡のなつに会った誕生日の話

diary idol HKT48
5/24 HKT48 個別握手会

数ヶ月前12秒の個別握手会日程が発表されて関東日程が誕生日なのが発覚したときの私「運命だ!!!」
こんなに待ち遠しい2,3ヶ月はそうそうありませんでした。握手会に合わせて美容院の予約を入れ、服を買い、絵に描いたようなルンルン気分で京葉線に揺られていました。会場につくと動悸が。心の準備が一向にできない。意を決して「とりあえず一回ね」とか思いながら行ってみたわけです。
な、な、な、なつだ!松岡のなつがいる!!ヤバい!!!!とわけわからんくらいの高まり。まずね、顔小さすぎ。めーっっっちゃ小顔。驚きました。そしてとんでもなく美人。笑うとかわいさも増して頭が追いつかなかった。18,19歳にでもなれば、少女が大人になってしまう時期でそれとともにぷにっとしたほっぺたも頬へと移行してしまう時期なのですが、松岡のなつは完全なるほっぺたの持ち主でした。かんわいいいい。合わせて左ほっぺのほくろ。最高かな?手を握るまでにあわあわしていたら係員のお姉さんに早よ進めやボケと脅されたのでやっと松岡のなつの手を握る。小さい。柔らかい。私もよく手が小さいと言われますがもしかしたら同じくらいなんじゃ?ってくらい小さく感じた。背も161だからそんな大きくないのよね。「は、は、は、はじめてきました」とやっと声を出したところで剥がされ「ま、また来ます」と謎のループ宣言をして一回目終了。大事故もいいところなのですが、そんなことどうでもいいのだ。今まで画面越しや遠くのステージで見つめていたなつが目の前にいて私の手を握ってにこっと笑ったことはまぎれもない事実なのだ。幸せはここにありけり。注意したのは1点のみ。おっさんの後ろに並ぶということです。ピンチケに女の顔してるの見たくないし、仲のいい女オタときゃっきゃしてるのも見たくないからです。これで余計なダメージは受けずにすみました。体感5,6秒で剥がしに入られるイメージ。ぶっちゃけそんな話すことないの。だけど、顔は見つめてたいです。だってほんとにかわいい。
松岡のなつには感謝しています。おたく始めてもう数年が経ち、いい歳にもなった今に新しい体験をさせてもらっているからです。身近にはあれど、中をうっすらとしか知らない世界がこんなにも楽しいなんて、またオタク始めて3日目の気持ちを思い出させてくれました。ありがとね、好きです。なつのほかに今回握手したもりぽとみくもかわいすぎたし、近くのレーンでチラッと見えたなこめるうめみおりーぬちゃんあたりもみんなかわいくっていろんなとこ行きたくなった。笑

その後はPerfume好き時代からのお友達がお誕生日会してくれまして、飲んだ後にカラオケでメロンジュースを歌い、最後にAKBカフェの前でなつのポスターと2ショを撮り、25歳の誕生日の締めとさせて頂きました。こんなバカげた25歳もいいなって思えたので幸せな1日。